テニスのコツをφ(.. )メモシテオコウ ver2.0

意識 覚書 練習等、動画を使って私の感じたテニスについて確証無く綴っています。(^^;)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

グランドストローク練習


ロジャー・フェデラー バックハンド スローモーション

今日はクレイで1対1でのグランドストローク練習の予定だったのですが、霜でコートが使えなかったので、急遽オムニに移動しました。
移動先のコートは予約していれば1面で少人数でも利用できるのですが、申し込みせずに当日だと参加者がいれば1面最大8名までで利用するという相部屋みたいなシステム。
1面しか空きコートがありませんでしたが、平日だし、私達2名以外の人達が来なければ1面を2名で利用できると思っていたのですが、残念ながら学生の女性2名が参加。
1面を4名での利用となりました。
今日の私の練習パートナーはグランドストローク大好きな方で、ショートラリーもせずにすぐさまロングラリーを始める不思議なタイプ。
ウォームアップはコートに入る前にもちろん済ませてありますが、2時間ずっとグランドストロークです。
本来ならボレーやスマッシュ、サーブや中ロブなど万遍なく練習するのが良いと思いますが、私もパートナーもお互い別の所でそれぞれ練習しているので問題無いのです。
30球程の練習球で20分位ラリーして球拾いしてまた20分位ラリーして、ちょっと休憩してまたラリーという事を2時間ずっとします。
平均8ラリー位と短いですが、しっかりガッツリとしたショットで打ち合います。
お互い少しボールのスピードを緩めたり、スピン量を調節して安定させれば、いくらでもストロークはミス無く続けられます。
そういう練習ももちろん大切ですが、自分のグランドストロークショットの感覚を更に上に伸ばす為には、球出しでなく、生きたショットで沢山ラリーをしてその中で色々な体の使い方を意識しながら変化させて練習することが最近はレベルアップに必要だと感じています。

今日はフォアハンドでは打点をいつもよりボール一つ位前に、そしていつもよりプロネーションを意識して肘を伸ばしながら打ってみました。
結果、腕の振りがシャープになり、いつもより左肩の開きが若干遅くなり、顔が横向きに残りやすくなりました。
なんか、新しい感覚でいい感じです。
ラケットが走ってる所でボールを叩けているので、いつもよりさらに力が抜けてスイングできます。

バックハンドでは、フィニッシュで肩甲骨を大袈裟に寄せてみました。
同時に左手も関節限界ギリギリまで後ろに引っ張るフォームを試してみました。
最近はコントロールを意識していたので、こんなに急激に胸を開いて打つ事は無かったのですが、このフォームだとボールの威力に打ち負けないですね。

バックサイド側に打たれた速いショットに対して、ポジションリカバーリーの時間を作る為にシングルバックハンドドライブで相手のショットより少しスピードを落としてスイングスピードも少し遅くしてコントロール重視で返球する時に、最近どうもボールに打ち負けてしまう(自分のイメージ以上にボールのスピードが出ない)事がありました。

フォアハンドでは速い球に対して体を逃がしてショットの威力を吸収しながら速いスイングでの返球の対応できるのですが、バックハンドだと、どうも体の逃し方がわからなかったのです。
どうしてもバックハンドでスイングスピードを緩めるとボールに押しを与えられず、ナチュラルドライブがかからず飛んでいってしまう。
なので、スライス回転でパワーを逃して返球することが多かったのですが、腕でスイングするイメージから胸筋を開き両腕も開き、背筋を使って肩甲骨を閉めるイメージ(体の中心に近い筋肉を意識する)で右手だけでなく左手も同じように使うことで、腰の回転の回りすぎを左手で抑える事で相対的にラケットスイングを加速させ、同時に右肩も回り過ぎない様になり、スイングスピードが遅めでも相手の威力に負けずにボールを押せるドライブがやりやすくなりました。

お隣では学生が丁寧に中ロブの練習やら地味なショットの反復練習をしているっていうのに、私達は年甲斐もなくバシバシ打ち合ってました。
2時間ずっと色々と試しながら練習していると、ただストローク練習しかしていないのに時間はあっという間ですね。
関連記事

| 動画 | 05:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maaablog.blog32.fc2.com/tb.php/90-aad79a67

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT