テニスのコツをφ(.. )メモシテオコウ ver2.0

意識 覚書 練習等、動画を使って私の感じたテニスについて確証無く綴っています。(^^;)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シングルス 「8の字ラリー」練習

本日は3時間コートを確保し、2名でのシングルス練習をしました。

相手は今迄1勝もできていない幼馴染です。
ダブルスではたまに組んで市民大会に出場したりします。
彼とは同じ年齢からテニスをしていますが、学生時代に遊びだった私に対し、部活でしっかりやっていた彼にはシングルスでは未だに勝てないでいます。(お遊びで半年に一度するかしないかですが・・・)
彼はカウンタータイプのストローク&ボレーヤーでボールコントロールが上手、対して私はサービスが少し速めなグランドストローカーなのですが、彼は私の攻撃の基点のスピードショットをカウンターできっちりコントロールしてきます。
そして、深さもそれなりにコントロールしてきますが、左右のコースの方がフラット気味で確実にコントロールしてきますので、他の対戦相手よりも一歩多目に走らされ、さらに私の返球ショットのタイミングも少し早くなるので、そこら辺からだんだん私が崩れていってしまいます。
私はグランドストロークで少し粘ってからリスクを負わない位のスピードショットを何本か打ち、ストロークスピードでプレッシャーを与え、少し甘めの返球を誘い、そこを基点に組み立てて行く事が多いのですが、今の私のリスクの少なめのハードショットでは彼はなかなか崩れてくれないんです。
私の苦手な攻め込めないバックサイドにボールを集められると、さらに攻め込むバリエーションがどうしても減ってしまいます。
しかし、今日は半年前に遊びでやったワンセットマッチで惨敗だったのに対し、なかなか善戦をしました。
バックハンドドライブが前より安定した為と思われます。
シングルス練習の成果はゆっくりですが、確実に力にはなっています。
それでも、まだまだなのですけどね。

今日の練習は「8の字ラリー」(スライス禁止版)です。
一人がフォアでストレートにボールを打ち、相手がバックハンドでクロスにコントロールをします。
それをバックハンドでストレートに打ち返し、相手がフォアハンドでクロスに返球します。
これを延々と繰り返します。

ボールの軌跡が横に向けた8の字という事で、「8の字ラリー」ですね。
シングルスで一番基本的な練習で奥が深いですね。
シングルス経験の浅い今の私のこの練習の目的は相手のボールを走らされた後に確実に決めたコースに返球する事です。
状況にもよりますが、相手の打ってきたコースと同じコースに返球するのが自分にとって一番簡単確実な返球コースだと思うのですが、相手の返球ショットに縛られずにどんなボールでも安全確実にコースを変更する事にこの練習の意味が有ると思います。

これが簡単そうで、やってみるとなかなか続きません。
コートの広さも違いますが、ダブルスでは前衛が居る為、ストレートに繋ぐより打ち抜く方が慣れています。
しかしストレートに速く返球すると相手のクロスの返球も早く帰ってきますので、段々と自分の首を絞めてしまいます。
そして、今迄いかに自分の返球コースの選択を相手ショットの球種やコースによって返球し易いショットの選択をしていたかが判ります。
例えば今の私のレベルでフォアのクロスでラリーをしていたとします。
ラリー中に相手のポジション等から「このショットをストレートに打つと有利かも」と思っても、相手のストロークの返球がストレートに打ち難いボールが来た場合には、安全にクロスに返球しているのです。
もし、ストレートを打ち易い返球が来ていたら、ストレートにでもクロスにでも打てるでしょう。
つまり、今まで私は自分でゲームを組立てていたというより、相手の返球ショットにより自分の中で返球できる選択肢をいくつかピックアップし、その中から安全そうで効果的な物を選んで打っている事が多かったのです。
何か相手より秀でている武器になるショットを持っていれば、そこからだんだんと上記の安全な選択肢を利用して有利に試合を進める事も可能でしょうが、上に行くには自分の中の安全な選択肢を増やす必要が有ります。
その為には相手の球種、コースが今は多少きつく感じていても安易に同じコースに返球しない基本的なこの「8の字ラリー」は自分の選択肢を増やしてくれると思います。

こういう練習が嫌いな方もいると思いますが、私はこういう基本練習が大好きですね。
単純ですが、なかなかハードな練習です。



関連記事

| テニスのコツ | 02:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maaablog.blog32.fc2.com/tb.php/83-5a1efbb0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。