テニスのコツをφ(.. )メモシテオコウ ver2.0

意識 覚書 練習等、動画を使って私の感じたテニスについて確証無く綴っています。(^^;)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドミニカ・チブルコワ選手の高めのフォアハンド・ストローク


ドミニカ・チブルコワ選手の高めのフォアハンド・ストロークです。

多分、前のショットで、多少相手の体勢をくずしていて、少し浅めに弾むボールが返ってきた所のようです。
私の場合、高目より、低めの方が好きなので、つい下がってしまいがちなのですが、折角、前のショットで相手選手の体勢を崩しているのなら、高い打点で、相手に時間の余裕を与ずに返球するのがベターですね。
チブルコワ選手は素早くネットに対して横向きに肩を向ける事で、左右、どちらにも打てる準備をしています。
相手の選手は、チブルコワ選手にこの体勢を取られたら、どちらのサイドを守っていいのかわからなくなっているはずです。
後は、シンプルに打ち返すだけですね。
テイクバックも大振りしていないし、インパクトまでも力みもないし、ボールに体重も乗せています。
自分はチャンスボールになればなるほど、インパクト前に力みが出て大きなテイクバックをしてしまうので、チブルコワ選手のようにインパクトのところで体重を乗せられるようにスイングしていきたいですね。


関連記事

| 動画 | 08:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maaablog.blog32.fc2.com/tb.php/75-908a3b73

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。