テニスのコツをφ(.. )メモシテオコウ ver2.0

意識 覚書 練習等、動画を使って私の感じたテニスについて確証無く綴っています。(^^;)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サービスの威力を上げる方法

サーブ時の足の使い方 錦織選手のサービス

以前のサービスフォームだと、重心が前方に流れ過ぎてしまっていました。
その為、ダブルフットに変更し、安定したサーブを手に入れることができたのですが、サービスダッシュの不満が出るようになって来ました。
そこで動画を探していると、面白い練習方法をみつけました。
上記左側の動画で、サーブ時に体が流れすぎない様にする矯正トレーニングです。
ベースラインにゴムひもを付けて、飛び越すように練習しています。
以前の私のフォームだと、同じ練習をしたらゴムひもに引っかかってしまいますし、ダブルフットにした今は、引っかかりはしませんが、上にしか跳んでいないので超えられない状態です。
背の高い選手では余り足を浮かさずにサービスをする選手もいますが、私の場合はこの練習をする(意識する)事で、今まで以上にしっかりボールに体重を乗せられるし、サービスダッシュにも効果ありそうです。

錦織選手も、ゴムひもを越える様にサーブしてますね。


ロジャー・フェデラーの体重の乗ったサーブ
丁度うまい具合に左の選手と比較できますね。
左の選手は前方に流れる体重を止める事で力を貯めてインパクトするタイプ。
後ろから前へ流れるラケットの力を上手に利用してます。
背の高い人向きで、フラット系のサーブが打ち易そうですね。
対してフェデラーは、下から上への重心移動の力をラケットに乗せてサーブを打っています。
下から上への動きの為、スピン系を打ち易そうです。
よーく見ていると、自らの足でジャンプしているというより、重心をどんどん上に引き上げて行った結果、足が浮いていた。という感じ。
膝を伸ばす事で腰に有った重心を少し軽くし、反り返った背筋と捻りを腹筋と胸筋で、もう少し重心を上に飛ばし、上に向かって放り出されたラケットに引っ張られるように腰が浮く感じかな。
私はバレーボールのスパイクと、似ていると思います。



関連記事

| 動画 | 00:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maaablog.blog32.fc2.com/tb.php/66-02cc620c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。