テニスのコツをφ(.. )メモシテオコウ ver2.0

意識 覚書 練習等、動画を使って私の感じたテニスについて確証無く綴っています。(^^;)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マラト・サフィン選手のドリル

Safin DrillsSafin Drills 2
マラト・サフィン選手のドリル練習です。

フォア、バックと交互にステップをして前進しています。
練習とは、人それぞれの現在の状態があってこそ、その状態から足りないモノを認識して補う為の行為だと思っているのですが、私はこの練習を、体重移動の確認と感じました。
ステップの練習なら、ラケットは要りませんしね。
昔の私は、この練習の時、ラケットのスイングフォームを気にしたり、ステップの動作を気にしたりしていましたが、それらより、今は体の中の体重の移動をどういう風に反対方向へいかにスムーズに移動できるかという事が気になっています。
スムーズに体重移動ができると、筋力に頼り過ぎない動作で動けます。
力が入っていない様に見えるのに、威力の有るショットを打つ人や、コートリカバリーが良い人は、体重移動の使い方が上手いです。
マラト・サフィン選手は体重の切替しの時、頭が動いていません。
よくテニス雑誌に、ショットを安定させるコツは頭をぶらさない事と書かれていますが、私は頭はもちろんですが、腰もだと思っています。
厳密には、右足加重の時とか、左足加重の時とかで、重心が変わりますので、最近の私の感覚では切替しの時に腰辺りの重心がある所を空間的に動かさない様にする事で、スムーズに体重移動をする事を心掛けています。
で、サフィン選手の腰を注目してみると、スイング中はしっかり安定していて、スイング後はとてもスムーズに反対方向に移動しています。
後ろの選手と比較すると、切替し後の移動が速く、スムーズ!
流石ですね。
じっくり真似させて頂きます。

テニスコートが使い放題でなら、コート上でこういう練習をしたいのですが、ボールを使っていないので、コート上で無くとも、何処でも出来そうですね。
後は、他人の視線に耐える度胸が必要そうです(笑)
でも、週に使えるテニスコートの時間は決まっているのですから、テニスコート外で出来る事は、テニスコート外で練習しようと思います。
関連記事

| 動画 | 17:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maaablog.blog32.fc2.com/tb.php/63-91629769

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。