テニスのコツをφ(.. )メモシテオコウ ver2.0

意識 覚書 練習等、動画を使って私の感じたテニスについて確証無く綴っています。(^^;)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロジャー・フェデラー ストローク 練習風景




本日(日曜)は、テニスの練習をしてきました。
私はバックハンドは片手なので、苦手の高めのバックハンドのトップスピンを重点的に・・・
いつもはスライスで返球してしまうのですが、最近の目標はスライスで逃げない事。
できるだけ、ドライブでのラリー展開をしていきたいですね。
こう思ったのは、相手にバックの高いボールを打たれて逃げられる事が多くなったためです。
せっかく、他のショットで相手の態勢を崩しても、バックの高い所に打たれると、どうしてもスライスの返球が多くなる為、ダブルスの場合、ポーチに出られる確率が多くなります。
シングルスでも、案外、勢いの無い、高いボールをついミスってしまう事が多い気がしますので、しっかり物にしたいですね。

Federer_warming-up1

20071112作成



Federer Backhand

最近、バックサイドへくる高く跳ねるスピンや、ベースライン近くに落ちる球の返球で、以前は高い打点で返球しようと考えていたのですが、ショートバウンドで返球するようにしました。
その方が相手への返球が早く返せるのと、ポジションを後ろに下げなくても良いからです。
シングルバックハンドのスライスでの返球では使用していましたが、スピンでの返球はは、私にはまだ難しいと思っていたので、ほとんど練習をしていませんでした。
あまりモノになっていないので、未だ、たまにしか使えませんが、後ろの左足に体重をのせて、テイクバックをほとんどせず、インパクトへ向けてラケットを合わせる感じに差し出し、インパクトと同時に体重を前足の右足に移動する感じで打っています。
思ったほどスイングスピードを意識しせず、体重で打ち返す感じで、今の所、まぁまぁの出来です。
でも、まだ突然のコース変更はできないですねぇ。
でも、これを普通に使えるようになると、相当楽にストロークが出来るようになるので、試合で使える位にはしておきたいです。


関連記事
[タグ未指定]

| 動画 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maaablog.blog32.fc2.com/tb.php/5-a6175207

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT