テニスのコツをφ(.. )メモシテオコウ ver2.0

意識 覚書 練習等、動画を使って私の感じたテニスについて確証無く綴っています。(^^;)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

伊達選手の ボレー練習



クルム伊達公子選手の公開練習です。

2008年4月6日、伊達選手が現役復帰しましたね。
私より年上です。ほんのちょっとですけど・・・

それにしても、この間の「カンガルーカップ国際女子オープン」では、結果も残して凄いですよね。

さて、伊達選手のボレー練習。
彼女はバックのボレーが両手です。
彼女は確か小さい頃は左利きだったので、その影響なのかなぁ?
それとも、ボレーをストロークのライジングショットの延長として捉えているのでしょうか?
それでも、体の近くに来るボールにもしっかり反応して、面を作るだけでなく、インパクトからの押しも上手いですね。
両手でのショットはストロークでもボレーでも、リーチが短くなるという欠点はありますが、その反面、ボールに押し負けないという利点が有ります。
実は、その他にも、あまり気づかれない利点があります。
それは、ショットの後に崩れ難いと言う事。
即ち、構えのポジション(スプリットステップをして、どちらにでも動ける状態)に、シンプルに戻れることでしょう。
彼女のバックのボレーを見ると、実にシンプル。
スプリットステップをして構えのポジション、で、相手のショットに反応してボレーを打つと、そのまま構えのポジションになっている。
フォロースルーの延長が構えの状態と言ってもいい。
片手なら、
「構える→打つ→戻る→構える」
と、なる所を
「構える→打つ→構える」
と、ワンステップ少ない。

ワンステップの時間で、相手選手の次のショットに十分楽に反応できる。

素人の私はこんなに素早く構えに戻っていない。
っていうか、ボレーの行方を見てしまっている始末・・・

伊達選手はライジングショットで、相手選手の時間を上手に奪い、
やはりボレーでも、相手の時間を上手に奪っているのだと言うことかな。
つまり、守備範囲を広げる為に片手にするメリットより、相手選手の時間を奪う為のメリットを取る為に、両手打ちにしているのかもしれませんね。

今回は、シンプルに、
「相手選手の時間を奪う為には、シンプルに動く」
という事を、伊達選手から学びたいと思います。

伊達 Kangaroo Cup (Date Kimiko) 公開練習 ボレー

20080809


2008 AIG Japan Open R1 Kimiko Date-Krumm pt1


2008 AIG Japan Open R1 Kimiko Date-Krumm pt2


今年はPPOには行けましたが、AIGには行けませんでした。
行きたかったなぁ~
関連記事
[タグ未指定]

| 動画 | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maaablog.blog32.fc2.com/tb.php/49-207252ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT