テニスのコツをφ(.. )メモシテオコウ ver2.0

意識 覚書 練習等、動画を使って私の感じたテニスについて確証無く綴っています。(^^;)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロジャー・フェデラー フォアハンド スローモーション

Roger Federer - Slow Motion Top Spin Forehand

やはりフェデラーは、しっかり頭がぶれずにフォロースルーまで視線が残ってボールを見ている点と、インパクト前にしっかりラケッドヘッドが下がり、グリップエンドからラケットがスムーズに繰り出されている点が素晴らしい。
私の場合、あせると、インパクトより、もっと前にボールから目が離れ、相手の動きを追ってしまい、早くに体が正面を向いてしまう事により、ボールを前に押し出してしまう為、スピンのかかり具合が少なくなってしまう。
また、相手の動きが気になる為にインパクトが、ほんの少し前になる事により、相手にコースが読まれ易くなるのだろう。
あと、右手の振りを強く振る事では無く、左手を素早く引く事によって、右手のスピードをアップさせている所もしっかり取り入れないと!

20071108作成







この動画を見ると、手首の使い方というか、ラケットを上手に使っていると、関心してしまう。
ラケットのヘッドを落とすという感じでは無く、手首をボールに向けて振っていったら、自然とラケットが付いて来たって感じだろうか?
ベースラインより内側で打っているから、少し甘いボールを逆クロスに回り込んで決めている所なんでしょう。
打点を前に取る事でスピードを、前足の左足を軸に右足でバランスを取って体を回し過ぎないようにする事でしっかり回転もかけてます。
こういうショットは、気持ち良いですよね~

体の捌き方と、ラケット使い方は、お手本ですね!

上の以前の記事ですが、動画が変更された事もありますが、今、見直してみると意識して左腕はあまり引かれてはいない様に感じます。
最近の私のスイングも、テイクバック時には左肩をしっかり入れてストレートでも打てるように構えていますが、その後はバランスを取る為に使うだけですね。
今は左手を引くという動作はフォアハンドストロークでは私は意識して使わなくなりました。

feds forehand
関連記事
[タグ未指定]

| 動画 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maaablog.blog32.fc2.com/tb.php/4-71b809cb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。