テニスのコツをφ(.. )メモシテオコウ ver2.0

意識 覚書 練習等、動画を使って私の感じたテニスについて確証無く綴っています。(^^;)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジュスティーヌ・エナン選手のショートラリー




ジュスティーヌ・エナン選手の練習風景です。
ショートラリーから、少しずつ下がってロングまで、ゆっくり打っています。

試合の時のフォームや、スイングは早すぎて、真似しても私にはまだ早いと思いますが、この練習風景は、とても参考になります。

横からの録画ですので、打点が解り易いです。
高さは胸くらい、そして、肩からラケット1本分くらい前で打っています。
こんなに前で打てば、確かにラケットの裏からボールが見れますね。

そして、注目すべきは、テイクバック。
最初のショートラリーの時なんか、グリップエンドが自分の体より後ろに引かれる事はありませんね。
そして、体の捻りも凄く少ないです。
段々と、ロングラリーになるにしたがって、テイクバックが大きくなり、ベースラインより下がってから、やっとグリップが体より後ろに引かれるようになります。
ラケットの振りのスピードも、ショートラリーの時と、ロングとで比べても、たいして違いはありません。

つまり、サービスライン付近でのラリーはテイクバックをほとんど無くして、捻りもほぼ使わずに打ち、
ベースラインでのラリーでは、テイクバックを大きめに取る。
そして、慣れてきて、少し強く打ちたい時は腰の捻りも使うようにするのですね。

ショートラリーから、ロングラリーまで、フォロースルーの長さも一定という所も、しっかり見習わなくては。。。

Justine Henin practicing at Rogers Cup - August 11th, 2007
20080122


Henin Practice

関連記事
[タグ未指定]

| 動画 | 00:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maaablog.blog32.fc2.com/tb.php/39-d9cd740f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT