テニスのコツをφ(.. )メモシテオコウ ver2.0

意識 覚書 練習等、動画を使って私の感じたテニスについて確証無く綴っています。(^^;)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フォアハンドストローク テイクバック

最近はフォアハンドストロークテイクバックは肩(肩甲骨を回すイメージ)でするらしいですね、
腰を捻るイメージよりワンテンポ早く振りぬけるらしい・・・
私の場合、フォアハンドテイクバックを、腕力で引いている感じがある。
それでも、中級者位のストロークでは問題は無い。
しかし、上級者とのラリーになると、ショットに伸びが加わり、
腕力に頼るスタイルだと、ショットにスイングが追いつかず、振り遅れてしまう。
そこで、腕力より太い筋力の腰を捻るという方法を使っている。

最近のショットのスピードは女性でも凄く速い。
ラケットの反発力が良いので、初心者でもショットの質は上級者と変わらないくらいのいい球が打ててしまう時がある。
しかし、初心者はテイクバックが大きいので、スイングモーションからコースが読めてしまう。
いかにテイクバックをコンパクトにしておきながら、力強いショットを打つかが、とても重要だ。
20071224


今、上記の事を読み直してみると、何を言っているのか、よくわからないですねぇ(ーー;)
簡単に要約すると、相手にコースを読まれないスイングで、それなりの力強さのあるショットを打ちたいということかな?
今のラケットは反発力が良いから、力をもっと上手に使えば、もっと鋭いショットを打てるようになる。
でも、逆に今以上の鋭さのあるショットを求めるのではなく、今以上のコンパクトさ(相手にコースを読ませにくい)を求めるという、逆の発想もある。
対戦相手によって、その割合をコントロールできれば、もっと優位に試合が運び易いですね。



Fernando Verdasco フェルナンド・ベルダスコ forehand
関連記事

| 動画 | 00:56 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

読まさせていただきました。
応援ポチッ!!!

| サトシ |2008/09/28 15:36 |URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maaablog.blog32.fc2.com/tb.php/29-68739d23

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。