テニスのコツをφ(.. )メモシテオコウ ver2.0

意識 覚書 練習等、動画を使って私の感じたテニスについて確証無く綴っています。(^^;)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロジャー・フェデラー ステファン・エドバーグ インデアンウェルズ プラクティス


Roger Federer Stefan Edberg 2014 Indian Wells Practice 3.8.14 BNP Paribas Open

ロジャー・フェデラーとステファン・エドバーグのプラクティスです。
ふたりとも私の大好きな選手なので、夢の共演です!

新旧タイプのシングルバックハンドは見応えがあります。

私の初代バックハンドの師匠のエドバーグはまだまだキレがありますね!

あの頃は、連続写真の切り抜きをコートに持って行き、一コマ一コマ動きをなぞって体の動きを研究したものです。

今、こうやって動画で比較すると、シングルバックハンドのタイプがけっこう違う事が見えてきます。

エドバーグはラケット全体をボールにぶつけるように押し出し、肩から先はひと塊のイメージで、手首を固定しています。
線でボールを捉えに行くので、球筋を安定させやすく、フラットにコントロールがし易い打ち方です。

一方、フェデラーはヘッドを走らせて手首を柔らかく使い、ボールをはたく感じですね。
ボールを点で捉え、ボールを潰すとこするを一緒にこなしています。
急激なドライブ回転をかけやすいのですが、タイミングがズレるとフレームショットしやすいです。

エドバーグはネットプレーに繋げる為にコートを縦に使いやすいフラット気味のバックハンド。
フェデラーはベースラインからのラリーを展開して相手を崩してからフィニッシュする為に、コートの横幅を使いアングルを狙いやすいスピン型。

私は現在はボレーが少なくベースラインで打ち合う事が多いので、フェデラータイプのシングルバックハンドですが、今後新たな攻撃力としてアプローチ&ボレーを多く利用したいとおもっているので、コートを縦に使いやすいボレーに有利なエドバーグタイプのバックハンドも使っていきたいなと思っています。


関連記事

| 動画 | 02:32 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| |2014/07/30 14:16 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| |2014/08/09 15:57 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| |2014/08/28 04:55 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maaablog.blog32.fc2.com/tb.php/100-80c093ac

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT