テニスのコツをφ(.. )メモシテオコウ ver2.0

意識 覚書 練習等、動画を使って私の感じたテニスについて確証無く綴っています。(^^;)

2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

左サーブ練習


Rafa Nadal, Uncle Toni and Oscar Borras.

今年の春にラケットとグランドストロークの改良をしていたら、ダブルス試合の最中のサーブの時に右肘に痛みが走って右腕全体に力が入らない状態になってしまいました。
やっと最近になって右肘の痛みは完治しましたが、今度は右肩に違和感を感じるようになってしまっています。
まぁ、体にガタが来る年代になってしまいましたので、これを期に無駄を削ぎ、シンプルだけどパワフルにやっていこうと思っています。

で、今回はナダルの動画ですが、右手が使えないので左で遊んでいたら、左の練習がとてもおもしろいって気付きました。

右効きの人なら左効きのサービスの返球のしづらさに、左でのサービスが打てたらとても有利になるのになぁと想った事でしょう。
そして、ちょっと練習をしてみるけれど利き腕とは違い思ったような事をできなかったり、ただの羽子板打ちのフラットっぽい打ち方しかできず、左でのサービスの利点を出せなかったり、練習では結構いい軌道の左サービスを打てるのに、ゲームになると練習での軌道が打てなくなってダブルフォルトを連発してしまい、結局右手に持ち替えてしまうなんて事は、皆、経験済みだと思います。

左でのサービスは試合に有利だと判っているけれど、結局、利き手でのサービスに心の何処かに安心感なのか、気持よさなのかが有るっぽいですね。
でも、私はこの半年は利き手の右でのサービスは打ちたくても打てなかったので、心の逃げ場が無かった為、結構ガッツリと練習してしまいました。

右手でのサービスは、結構長い時間を掛けて作ってしまった為、癖を治すのが難しいですが、左手でのサービスは言わば真っ白な画用紙の様な物です。
この動画を参考に、練習してみようと思います。




Rafael Nadal Abu Dhabi 2011: Serve Practice

Rafael Nadal Serve In Super Slow Motion 3 - Indian Wells 2013
関連記事
スポンサーサイト

| 動画 | 00:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。