テニスのコツをφ(.. )メモシテオコウ ver2.0

意識 覚書 練習等、動画を使って私の感じたテニスについて確証無く綴っています。(^^;)

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

≫ EDIT

2009 楽天オープン ファブリス・サントロ来日



ファブリス・サントロ選手といえば、トリック・ショット等で有名ですね。
とても楽しいテニスを観客に見せてくれます。
いわゆる、柔をよく剛を制すというプレー・スタイルですので、現代のパワーテニスに逆行した所がたまらないです。
そんなファブリス・サントロ選手も今期で引退を表明しました。
とても残念です。
3年位前にYoutubeで知って、未だに現役でいる事に驚いていました。
試合の運び方、ラケット・ワーク、フットワーク、彼の動画を見ていると、フェデラー選手とは違った楽しさをテニスで表現してくれてます。
今まで日本には来た事がありませんでしたが、ついに最後にジャパン・オープン(楽天オープン)旧AIGオープンに出場予定です。
ぜひ、あのテクニックを生で見たいです。
関連記事
スポンサーサイト



| 動画 | 04:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラファエル・ナダル ラケット・トリック&ドリブル・トリック



ラファエル・ナダル選手はボール遊び等色々なことをよくしてますね。
最初のラケットを回す方はラケット・トリックというみたいですね。
後半のラケットでボールをつく方は正式名称?は知りません。
動画のネーミングはパーティートリックでしたが、なんかしっくりこないので勝手にドリブル・トリック(造語)と、今思いついたネーミングで呼ばせてもらいます。
本当の名前を知っている方がいらっしゃったら、教えて下さい。

そうそう、自分も若いうちはラケットやボールで遊んでいましたけれど、ある時期から、あまりやらなくなってしまいました。
多分、年齢的や、周りからの視線を気にするようになってしまった為でしょう。

しかし、ここ数年、コートチェンジの時や、サービス前のほんの少しの時間内で、ワザとドリブル・トリックの方はするように心がけました。

理由は2つ。

一つ目は肩、腕、手首の力を抜く為です。
ドリブル・トリックは、腕の力を抜いてしないと、上手にボールをコントロールできません。
フラットに叩くだけなら確かにできますが、スライス回転や、スピン回転などは、手首をやわらかく使わないと難しいはずです。
ですので、試合中のオフタイムにドリブル・トリックをする事で、いつの間にか入ってしまった体の力みを私はリセットをするのです。

2つ目は精神の集中です。
試合中、突然観客が気になったり、試合以外の考えが頭をよぎる事はありませんか?
ボールをつくという動作は簡単ですが、ボールをしっかりと見る事が前提となります。
ですので、私は試合中に他の事が気にならないように、もっとも雑念が入りやすい所でリラックスする為に、又、集中力が途切れない様に、簡単なドリブル・トリックをするようにしました。

何気なくプロ選手の物まねをしてたらそういう結果が着いて来ただけなんですけど、サービス前のルーティンには欠かせなくなってしまいましたね。

もちろん、上記の動画のナダル選手がしているようなラケットをクルクル回すのをすべてするのでは無く、5・6回ラケットでコートにボールをつく程度ですよ。

遊びの様に見えるけれど、真似できると確かにテニスは上達しますよ~~

関連記事

| 動画 | 04:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドミニカ・チブルコワ選手の高めのフォアハンド・ストローク


ドミニカ・チブルコワ選手の高めのフォアハンド・ストロークです。

多分、前のショットで、多少相手の体勢をくずしていて、少し浅めに弾むボールが返ってきた所のようです。
私の場合、高目より、低めの方が好きなので、つい下がってしまいがちなのですが、折角、前のショットで相手選手の体勢を崩しているのなら、高い打点で、相手に時間の余裕を与ずに返球するのがベターですね。
チブルコワ選手は素早くネットに対して横向きに肩を向ける事で、左右、どちらにも打てる準備をしています。
相手の選手は、チブルコワ選手にこの体勢を取られたら、どちらのサイドを守っていいのかわからなくなっているはずです。
後は、シンプルに打ち返すだけですね。
テイクバックも大振りしていないし、インパクトまでも力みもないし、ボールに体重も乗せています。
自分はチャンスボールになればなるほど、インパクト前に力みが出て大きなテイクバックをしてしまうので、チブルコワ選手のようにインパクトのところで体重を乗せられるようにスイングしていきたいですね。


関連記事

| 動画 | 08:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月