テニスのコツをφ(.. )メモシテオコウ ver2.0

意識 覚書 練習等、動画を使って私の感じたテニスについて確証無く綴っています。(^^;)

≫ EDIT

ロジャー・フェデラー ステファン・エドバーグ インデアンウェルズ プラクティス


Roger Federer Stefan Edberg 2014 Indian Wells Practice 3.8.14 BNP Paribas Open

ロジャー・フェデラーとステファン・エドバーグのプラクティスです。
ふたりとも私の大好きな選手なので、夢の共演です!

新旧タイプのシングルバックハンドは見応えがあります。

私の初代バックハンドの師匠のエドバーグはまだまだキレがありますね!

あの頃は、連続写真の切り抜きをコートに持って行き、一コマ一コマ動きをなぞって体の動きを研究したものです。

今、こうやって動画で比較すると、シングルバックハンドのタイプがけっこう違う事が見えてきます。

エドバーグはラケット全体をボールにぶつけるように押し出し、肩から先はひと塊のイメージで、手首を固定しています。
線でボールを捉えに行くので、球筋を安定させやすく、フラットにコントロールがし易い打ち方です。

一方、フェデラーはヘッドを走らせて手首を柔らかく使い、ボールをはたく感じですね。
ボールを点で捉え、ボールを潰すとこするを一緒にこなしています。
急激なドライブ回転をかけやすいのですが、タイミングがズレるとフレームショットしやすいです。

エドバーグはネットプレーに繋げる為にコートを縦に使いやすいフラット気味のバックハンド。
フェデラーはベースラインからのラリーを展開して相手を崩してからフィニッシュする為に、コートの横幅を使いアングルを狙いやすいスピン型。

私は現在はボレーが少なくベースラインで打ち合う事が多いので、フェデラータイプのシングルバックハンドですが、今後新たな攻撃力としてアプローチ&ボレーを多く利用したいとおもっているので、コートを縦に使いやすいボレーに有利なエドバーグタイプのバックハンドも使っていきたいなと思っています。


関連記事
スポンサーサイト



| 動画 | 02:32 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

体の使い方の逆転の発送

私の場合、フォアハンドではスピン量の調節はそんなに苦ではないのですが、シングルバックハンドではそんなに得意ではありませんでした。

現在の私のベースのバックハンドストロークはフラットドライブ気味に厚い当りでネット上1メートル位を通し、頂点を相手コート内おいて、ベースライン付近に落とすようにしています。
今までの私のイメージでは、もっとドライブをかけたい時はスイングを少し早くし、振り抜きの角度を少し上にする事でショットの回転量を変化させていました。
相手のショットが低速なら何ら問題はありませんが、高速になった場合フレームショットになってしまったり、オーバーを気にして力加減や、角度を失敗してしまったりする事が多いとなんとなく思っていました。

しかし、本日のダブルスのゲーム練習で、相手がボレーに出たので足元に沈める時、ふとスイング後の左手の引きを大きく(シャープに)したら、良い感じのスピンをかけられました。
つまり、左手をいつもより意識して引く事で、体の開きを抑えられスイングスピードは落とす事なくしっかり振り抜け、さらにラケットが打点を通過する時間が相対的に多くなり、フレームショットも少なくなりそうです。
フェデラーが打点に視線を残している効果(胸の開きを抑える・コースを隠す)と同様の効果が得られそうですね。

今までは片手なのでパワーが伝わりにくいのではとのイメージで、ついついスイングスピードを上げる為に胸の開きが大きくなって、ネット方面へのベクトルが大きくなってしまう悪い癖がついていたようです。
シングルバックハンドでは、膝→腰→胸→肩→ラケットと移行させてスイングスピードに変換していきますが、この運動はスムーズにスイングのスピードを上げる為であり、この中のそれぞれの運動量を調節する事で色々な効果を出せることを、遅ばせながら感じる事ができました。

シングルバックハンドで逆クロスが苦手な方(私も苦手ですが)も、多分胸の開きが早い事が原因だと思います。
本日のデュースサイドからのバックハンドリターンでは左手の引きを意識する事で、スイングスピードを低下させること無くインパクトを迎える事がやり易くなり、さらにインパクト後にボールにパンチを加える事がやり易くなりました。

(ラケットを)押して回転をかけるイメージから、(左手を)引いて回転をかけるイメージに変換できると、懐が深くなり、相手に読ませにくい良いショットを打てると感じました。

スライス、フラット、スピンのすべてのショットでこのカラダの使い方を利用できるので、とても効果的だと思います。
特にバックハンドボレーではパンチ力を出したい時に自然と左手を使っていたのに、気づかないものですね~

≫ Read More

関連記事

| テニスのコツ | 04:50 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

移動ボレーボレー


ブライアン兄弟の移動しながらの「ボレーボレー」です。
たまにはこういう練習も有りかもしれませんね。
ダブルスの試合では4UP(4人共前に出てきているポジショニング)でポジションの移動をしながらボレーをする事が多くなり、ボレーを打った後に直ぐに返球が返ってくる事が当たり前です。
この練習ではまるでサッカーのパスワークの様にボレーを移動しながら打っています。
相手のいない所に打つボレーを連続で二人で練習できるので、面白いですよね。
ゆっくりでいいので、こういういつもしない練習も取り入れたいです。
関連記事

| 動画 | 04:09 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ロジャー・フェデラー選手のボレー集



こんな風にボレーが打てればもっと楽しいのだろうなぁ~^^
でも、最近、嫌いであったボレーが面白くなってきました。
私の今までのボレーは、丁寧に優しく返す事を目標に、ラケットを空中に固定して当てて返すだけのボレーをしてきました。
つまり、入射角度と反射角度を同じにして、ボールに回転を掛けない様に返してきていましたが、最近はボールにアンダースピンをかける事によって、スピードをコントロールしたり、跳ねさせ方を変えたりする事が、すこしづつ思い通りにできる事が多くなってきたからだと思います。
フラットに当てて手首の吸収を使って勢いを殺して返すだけの方法しか今まで使っていなかったが、体を少し横向きにする(斜に構える)事でボールにアンダースピンを掛けやすくする用意をして、手首はネットの方の前方にもって行くが、ラケットヘッドは顔の横辺りに遅れてある状態。
ラケットフェイスは、以前の当てて返すだけのボレーの時の垂直に近かった角度より、相当上方の空へと向いているので、今までの当てて感覚だと空へ飛んでいってしまうのではと思ってしまう角度なのだが、顔の横のラケットフェイスで捕らえたボールを押し滑らす様に体重をのせる事で上方に飛ぶベクトルをアンダースピンへと変える事ができる様になりつつあります。
私にとって、今までのボレーとは腕を動かし、ボールを捕らえる事。
つまり、腕とラケットが固定されている意識が強くて、ラケットヘッドの動きをあまり重要視していなかったのですが、最近はラケットヘッドを適度に効率よくスムーズに動かす事、その動きによって、ボールにどの位の量のアンダースピンを掛ける事ができるかを、いろいろ試す事が重要で、ラケットヘッドの動きという所まで、意識が行くようになった。
コロンブスの卵の様に、わかればなんとも無いことなのでしょうが、ボールにどう回転を与えるかが最初で、フォームは後から付いてくるのだと気付かされた感じが最近の意識の変化でした。
私のボレーにとっては、とても大きな意識改革でした。
関連記事

| 動画 | 05:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジュスティーヌ・エナン選手のドロップ・ショットVSショートラリー練習



短く弾まないボールの処理の仕方

エナン選手のショートラリーの練習ですね。
面白いのは、コーチ?がボレーでカット(バックスピン)のボールを出している所です。
エナン選手の手前で止まるようにバウンドしています。
最近、私は相手のボールの回転をうまく使い、自分の物に変換する事が、新しい自分の技術向上の鍵になるような気がしていて、ポレー(アンダースピン)対ショートラリー(トップスピン)と言う、こういう練習も取り入れて行きたいと考えています。
この練習の注意点として、エナン選手の様に手打ち(体と顔が相手の方を向いて打ってしまう)をせずに、横向きをしっかりと保ち、ラケットの裏からボールを覗く様に打つ事ですね。
練習前のウォームアップでショートラリー(トップスピン対トップスピン)をされる方は多いと思いますが(私も必ずしています)、
横向きを保たずに体の向きが正面(相手)を向いた状態でボールを返球するのは、相手を長く見れる分だけボールの空間把握をし易くなります。
しかし、それではただラケットにボールを当てだだけの無回転のチャンスボールになる可能性が多く、また、ボールをインパクトの瞬間まで見る事が横向きより困難になりますし、体の構造上、横向き(肩を相手に向けた状態)でインパクトする方が、ボールにスピンをかけ易くなるので、短く弾まないボールの処理を安定した回転でコントロールする為には、やはり、横向きが大切だと最近つくづく思います。
私の場合、最初の練習のショートラリーをウォームアップというその名の通りの「体を温めてほぐすだけ」に使ってしまっていたので、こういう基本的な基礎の練習程、「短いボールをいかに安定して返球するか」と頭で考えてする事で、違う練習になると思います。
関連記事

| 動画 | 04:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT