テニスのコツをφ(.. )メモシテオコウ ver2.0

意識 覚書 練習等、動画を使って私の感じたテニスについて確証無く綴っています。(^^;)

≫ EDIT

ロジャー・フェデラー ステファン・エドバーグ インデアンウェルズ プラクティス


Roger Federer Stefan Edberg 2014 Indian Wells Practice 3.8.14 BNP Paribas Open

ロジャー・フェデラーとステファン・エドバーグのプラクティスです。
ふたりとも私の大好きな選手なので、夢の共演です!

新旧タイプのシングルバックハンドは見応えがあります。

私の初代バックハンドの師匠のエドバーグはまだまだキレがありますね!

あの頃は、連続写真の切り抜きをコートに持って行き、一コマ一コマ動きをなぞって体の動きを研究したものです。

今、こうやって動画で比較すると、シングルバックハンドのタイプがけっこう違う事が見えてきます。

エドバーグはラケット全体をボールにぶつけるように押し出し、肩から先はひと塊のイメージで、手首を固定しています。
線でボールを捉えに行くので、球筋を安定させやすく、フラットにコントロールがし易い打ち方です。

一方、フェデラーはヘッドを走らせて手首を柔らかく使い、ボールをはたく感じですね。
ボールを点で捉え、ボールを潰すとこするを一緒にこなしています。
急激なドライブ回転をかけやすいのですが、タイミングがズレるとフレームショットしやすいです。

エドバーグはネットプレーに繋げる為にコートを縦に使いやすいフラット気味のバックハンド。
フェデラーはベースラインからのラリーを展開して相手を崩してからフィニッシュする為に、コートの横幅を使いアングルを狙いやすいスピン型。

私は現在はボレーが少なくベースラインで打ち合う事が多いので、フェデラータイプのシングルバックハンドですが、今後新たな攻撃力としてアプローチ&ボレーを多く利用したいとおもっているので、コートを縦に使いやすいボレーに有利なエドバーグタイプのバックハンドも使っていきたいなと思っています。


関連記事
スポンサーサイト



| 動画 | 02:32 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロジャー・フェデラー選手のラケットテスト練習



Federer practising in Hamburg 2013
ロジャー・フェデラー 練習 ハンブルグ 2013
Federer practising in Hamburg 2013


ロジャー・フェデラー選手がラケットを変更にチャレンジしているようです。
今迄ウィルソンの90平方インチのラケットをずっと使用していましたが、98平方インチの物と言うことで、フェデラーファンの私はちょっとびっくり。
変更しても95平方インチ位にすると思っていました。

確かに最近のトップ選手達は100平方インチ前後のラケットを愛用していますが、フェデラーだけはずっと90平方インチのラケットでしたね。

私はフェデラーに憧れて1代前のタイプの「SIX.ONE TOUR BLX 90 US」を使用しています。
ラケット変更にあたって同時にフォームやプレイスタイルの変更を考えていたので、けっこう迷いました。
ジョコビッチ使用モデルやナダル使用モデルのヘッドやバボラ、以前に使用していたプリンスやウィルソンのラケットも90、95、100と、先入観に囚われずチャレンジしてみました。

半年以上、ちょっと気に入ったものは同じラケットでもガットやテンションも違う人から借りて試したりしました。
最後に選択肢に残ったのはジョコビッチの使用モデル「スピード・プロ」とフェデラーモデルの「BLX 90」USモデル
「スピード・プロ」はトップヘビー気味で、スピンがとてもかけやすく感じ、
一方「BLX 90」USモデルは重さに対してバランスが良く、厚めの当たりでの振り抜きやすさが良く、気持ち良いドライブが打てると感じました。

コントロールを課題にしていた私は「SIX.ONE TOUR BLX 90 US」でのバックハンド時の打感がやっぱり気持ちよく感じた所が一番の決定打でしたね。

でも、練習していくにつれて、やはりギリギリのプレイでのラケットによるサポートがあまりに少ない所は、私も実感していました。
攻め続けている時は気持ち良いんですけどね。
上のレベルに行くにつれて、攻められる事が多くなるのは必然なので、ラケットになにを求めるのかが変わってきます。

今「ProStaff SIX.ONE95」も併用して練習していますが、「SIX.ONE TOUR BLX 90 US」と重さとバランスが違うのでとても難しい。
別物といっていい兄弟ラケットですが、やっぱり95の方が楽に回転をかけれます。
スコーンとした抜けは少なくなりますが、回転量は武器にできます。

私はまだ「SIX.ONE TOUR BLX 90 US」でベーシックに練習していきます。
もう少し納得できるようになったら、95をメインで利用していけたらいいな~
関連記事

| 動画 | 01:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グランドストローク練習


ロジャー・フェデラー バックハンド スローモーション

今日はクレイで1対1でのグランドストローク練習の予定だったのですが、霜でコートが使えなかったので、急遽オムニに移動しました。
移動先のコートは予約していれば1面で少人数でも利用できるのですが、申し込みせずに当日だと参加者がいれば1面最大8名までで利用するという相部屋みたいなシステム。
1面しか空きコートがありませんでしたが、平日だし、私達2名以外の人達が来なければ1面を2名で利用できると思っていたのですが、残念ながら学生の女性2名が参加。
1面を4名での利用となりました。
今日の私の練習パートナーはグランドストローク大好きな方で、ショートラリーもせずにすぐさまロングラリーを始める不思議なタイプ。
ウォームアップはコートに入る前にもちろん済ませてありますが、2時間ずっとグランドストロークです。
本来ならボレーやスマッシュ、サーブや中ロブなど万遍なく練習するのが良いと思いますが、私もパートナーもお互い別の所でそれぞれ練習しているので問題無いのです。
30球程の練習球で20分位ラリーして球拾いしてまた20分位ラリーして、ちょっと休憩してまたラリーという事を2時間ずっとします。
平均8ラリー位と短いですが、しっかりガッツリとしたショットで打ち合います。
お互い少しボールのスピードを緩めたり、スピン量を調節して安定させれば、いくらでもストロークはミス無く続けられます。
そういう練習ももちろん大切ですが、自分のグランドストロークショットの感覚を更に上に伸ばす為には、球出しでなく、生きたショットで沢山ラリーをしてその中で色々な体の使い方を意識しながら変化させて練習することが最近はレベルアップに必要だと感じています。

今日はフォアハンドでは打点をいつもよりボール一つ位前に、そしていつもよりプロネーションを意識して肘を伸ばしながら打ってみました。
結果、腕の振りがシャープになり、いつもより左肩の開きが若干遅くなり、顔が横向きに残りやすくなりました。
なんか、新しい感覚でいい感じです。
ラケットが走ってる所でボールを叩けているので、いつもよりさらに力が抜けてスイングできます。

バックハンドでは、フィニッシュで肩甲骨を大袈裟に寄せてみました。
同時に左手も関節限界ギリギリまで後ろに引っ張るフォームを試してみました。
最近はコントロールを意識していたので、こんなに急激に胸を開いて打つ事は無かったのですが、このフォームだとボールの威力に打ち負けないですね。

バックサイド側に打たれた速いショットに対して、ポジションリカバーリーの時間を作る為にシングルバックハンドドライブで相手のショットより少しスピードを落としてスイングスピードも少し遅くしてコントロール重視で返球する時に、最近どうもボールに打ち負けてしまう(自分のイメージ以上にボールのスピードが出ない)事がありました。

フォアハンドでは速い球に対して体を逃がしてショットの威力を吸収しながら速いスイングでの返球の対応できるのですが、バックハンドだと、どうも体の逃し方がわからなかったのです。
どうしてもバックハンドでスイングスピードを緩めるとボールに押しを与えられず、ナチュラルドライブがかからず飛んでいってしまう。
なので、スライス回転でパワーを逃して返球することが多かったのですが、腕でスイングするイメージから胸筋を開き両腕も開き、背筋を使って肩甲骨を閉めるイメージ(体の中心に近い筋肉を意識する)で右手だけでなく左手も同じように使うことで、腰の回転の回りすぎを左手で抑える事で相対的にラケットスイングを加速させ、同時に右肩も回り過ぎない様になり、スイングスピードが遅めでも相手の威力に負けずにボールを押せるドライブがやりやすくなりました。

お隣では学生が丁寧に中ロブの練習やら地味なショットの反復練習をしているっていうのに、私達は年甲斐もなくバシバシ打ち合ってました。
2時間ずっと色々と試しながら練習していると、ただストローク練習しかしていないのに時間はあっという間ですね。
関連記事

| 動画 | 05:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロジャー・フェデラー選手のサーブ インサイドアウトのフォアハンド スローモーション



【ロジャー・フェデラー選手のアドコートからのスローモーションのサーブと逆クロスのフォアハンド】

「ポイントリードした時にこそ、しっかり攻める」
サーバー時でのポイントリードした時の意識の変化

以前の私はサーブが不安定で悩み所でしたが、ロジャー・フェデラー選手のダブルフットを模範にして、自分なりに試行錯誤して練習して最近ではもうすっかりサービスは得意のショットとなりました。
ただ、ファーストサーブをバカ打ちしていた以前より、現在ではファーストサービスでのフラットサーブは意識的に減らしてます。
試合を沢山する事で、ファーストサーブをしっかり入れる事の重要さが判った為、必然的にそうなりました。
安定したフラットドライブのサーブにする事でエースの数は減りましたが、相手がリターンでの攻撃を簡単にはさせない位の威力は有ります。
そして、その後のストロークを有利な展開に持ち込み、ファーストポイントをしっかり取って15/0にする事は、サービスキープ率を格段に上げてくれます。
しかし、順調に30/0や、40/0とリードした後、自分的には前ポイントと同じ意識でプレーしているにも関わらず、相手の逆襲に会う事が気になって来ました。
相手にとって、リターンは攻撃で有り、40/0と追い込まれた場合等には、プレッシャー等から開放されて良いプレーを重ねてポイントしてくる場合が有ります。
また、ポイントリードした事が、自分の中に気付かないうちに「あまり無理しなくてもこのサーブはキープできる」と油断してしまっているのかもしれません。
それをさせない為に、サービスではポイントをリードした時こそ、前ポイントよりほんの少し攻撃的になるべきだと感じる様になりました。
そこで、ポイント有利な30/0となった時はフラットサーブを取り入れて少々攻めて行こうと最近思い立っています。
ロジャー・フェデラー選手の様にフラットサーブの勢いで相手のリターン精度を甘くさせて、ベースライン内からのフォアハンド(又はそのフォアハンドをアプローチにして次のポレー)でポイントを取れる様に練習しようと思っています。

技術的には、このスーパースローの動画で見ると、サーブではインパクト後のプロネーションのリストワークが、とても分かりやすいです。
そして、サーブもフォアの逆クロスも、インパクト後にラケットのヘッドスピードが上がっているのが良く分かります。
リキんでミスしたり、ショットに伸びがでて無い時は、ボールに当たる前にラケットヘッドが最高速度になってしまっている時か、又はインパクト前にラケットを強く握ってしまっている事なので、ラケットを加速しながらボールを押し込む事で、安全かつ、攻撃的に伸びの有るショットを打っています。
このように無駄な力み無く振り抜ける様に、さらに練習です。
関連記事

| 動画 | 04:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミハイル・ユーズニー スローモーション etc・・・


デュースコートからのサーブ、アドコートからのサーブ、バックハンドリターン、フォアハンド・・・

2009年の楽天オープンの映像ですね。
実際に私も見に行きました。
決勝でフランスのツォンガに負けてしまいましたが、ノーシードで決勝まで行ったのは凄いですね。

最近の選手はバックハンドストロークをダブルバックハンドで打つ選手がとても多いので、
シングルバックハンドの私は試合会場でユーズニー選手のバックハンドを良く見ていました。
実はこの大会までユーズニー選手を知りませんでした。
2008年のダブルス優勝者なのですけれどね・・・
ユーズニー選手のシングルバックハンドは凄いです。
何が凄いかって、相手の強打に打ち負ける事がまったく有りません。
高い打点でもスライスよりフラットドライブで返球する事が多く、
バックハンド側に打たれた高めの勢いのあるショットをさらにスピードを乗せて返球できるのは、勉強になります。
コートサイドから見ていると驚いてしまいますね。
こういうバックハンドが打てるようになりたいです。
関連記事

| 動画 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT